メスを使わない治療方法|ヒアルロン酸を使ったたるみ治療に挑戦しよう

メスを使わないたるみ治療は痛みを抑えることができる

メスを使わない治療方法

レディ

ヒアルロン酸注入

たるみが気になる部分に、ヒアルロン酸を注入して治療するといった方法です。たるみ治療の中ではメジャーな方法で、治療に時間も可かからないため、気軽に挑戦することができます。治療を受けた後に必要と言われているダウンタイムは不要のため、その日で帰宅することができます。

ウルセラを使った治療方法

ウルセラを使った、たるみ治療の方法もメスを使わないため多くの女性から人気を集めています。ウルセラは、まぶたのたるみや目元のたるみが気になる人、治療後に治療部分が腫れてしまうと困るという人に向いている治療方法です。顔全体的に、治療を受けることができるため、フェイスラインのたるみに悩んでいる人は挑戦してみましょう。

メスを使わない治療方法の注意点

メスを使わない治療方法は、痛みを感じにくい、ダウンタイムが必要ないなどのメリットがあります。しかしメリットだけではなく、デメリットもある事を知っておきましょう。ヒアルロン酸は、注入方法を間違ってしまうと腫れてしまう可能性があるため治療を受けるなら、知識と実績のある医師を選んで挑戦して下さい。

たるみ治療人気ベスト5

no.1

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸は、美容クリニックの治療や施術のとき活躍する成分の一つです。この成分は、もともと体の中に存在する成分のため体内に注入してもアレルギー反応が起きにくいと言われています。また、比較的短時間で治療を終えることができます。

no.2

マエストラRF

マエストラRFは、浮腫・皮膚・脂肪が原因となる顔のたるみ治療に効果を発揮すると言われています。治療方法は、たるみが気になる部分に照射するだけといった比較的簡単な方法のため、気軽に挑戦することができます。

no.3

レディエッセ

レディエッセは、いろんな研究のなかで安全面が高いという風に評価されている治療方法です。一回の治療で効果を実感することができるため、短期間でたるみ治療を受けて効果を実感したいという人には最適な方法でしょう。

no.4

スレッドリフト

スレッドリフトは、伸び縮みが自在な特殊な糸を使っているため、顔のたるみやほうれい線の治療などに向いていると言われています。この糸を、たるみが気になる部分に挿入し、引き上げることでたるみを改善することができます。

no.5

ハッピーリフト

上記で紹介したスレッドリフトと似たような治療方法です。ハッピーリフトで使用する糸には、とげ状のかえしがついているため、たるみが目立つ部分をしっかりと引っ張ることができるのです。また、アンチエイジング効果もあるため人気となっています。

広告募集中